人から好かれる為にと3つの行動

こんにちは、まろ(@maro_motedo)です。

人から好かれたり、人から頼られたり。
そんな人間って憧れませんか?

僕はめちゃくちゃ憧れました!
自分自身根暗でネガティブ思考で引きこもりがちだったので
これが身に付いてからは

仕事や恋愛など、ありとあらゆる分野で
質を向上させることができました。

そして人脈も広がり
自分自身の価値も高くなったと感じています。

今回は、
人から好かれる為にとる3つの行動
をお伝えします。

この記事で分かること

人から好かれるための3つの行動

  • 相手を褒めろ
  • 話すな、聞け
  • 死んでも陰口は言うな

相手を褒めろ

モテ道ブログ

人から好かれたいのなら他人をたくさん褒めましょう。
人から褒められるとシンプルに嬉しいですし、何より【褒められた!】ということが自信にも繋がり相手の印象に残りやすいからです。

だからといって過度に評価したり、なんでもないことを褒めすぎるのは自分の価値を下げることに
繋がりかねないのでやめましょう。

相手を褒める時のポイント3つ

ポイントは3つあります。

  • 裏で褒める
  • 下手に褒めない
  • 未来を見据えた褒め方

の3点です。

詳しく解説していきます。

裏で褒める

相手と直接話して、直接褒めることも大切なことなのですが、

裏で、本人のいないところで相手を褒めてあげましょう。

Aさん『Bくんは本当にすごいよね!』
Bくん『いや。そんなことないですよ~』

と普通の人なら謙遜します。
そして真に受けないことがほとんどですよね。

後日・・・
Bくん『この間Aさんにめっちゃ褒められたんだけど…』
Cさん『ああ!この間AさんがBくんのこと褒めてるのは聞いたことあるよ!』
Bくん『え!じゃああれって本当だったんだ。』

裏で褒めると、順繰りして相手にそれが伝わります。
その時に効果が発揮されるんです。

面と向かって話しても
謙遜するのは日本人の特徴だし、
褒められて嬉しいかもしれませんが、どうせお世辞だろと思われてしまいます。

だから相手を褒め時は
陰口のような感じで褒めましょう。

それが相手に届いたころには
自分にいい印象を持たれます。

あの時言ってたのって本当だったんだ。とか
時間が経ってもしっかりと効果が出てくれますし
相手から好印象を獲得しやすいです。

下手に褒めない

知ったかぶりして褒めたり、思ってもいないようなことを口にして相手を褒めると、思わぬところでボロが出てしまいます。

相手を褒めるときは自分の本心で、素直な心で感じたままのことを話せばいいんです。
だから無理に取り繕う必要はありません。

感想を求められた時も同じです。


Aさん『私の演奏どうだった!?』
Bさん『うん!すごくよかった!○○が奏でる演奏で明るい気分になれる!』

自分の心に素直になりましょう。そして受けたままの感情を答えればOKです。
ここで無理に相手からの印象を良くしたいとかもちあげてしまって
かえって相手を下げてしまったり、傷つけるような回答をしてしまうことがあります。
だから自分の感情で褒めてあげましょう。

未来を見据えた褒め方

先の未来やビジョンを見据えてプラスの言葉を添え褒めてあげましょう。
勉強や仕事、趣味に没頭している人はスゴイ熱意ですよね。

でも熱意とは反対に、先行きの不安があったり、自分の能力や才能に疑いを持ってしまうことも
多くあるんです。

頑張っている人を褒めるときは、未来のビジョンを+に考えて
そこを褒めてあげましょう。

Aさん『Bくん今日も残業か!?』
Bくん『はい。全然仕事が進まなくって。すみません…。』
Aさん『そんなことないよ!人一倍仕事に熱心だし、絶対出世できるよね。あとは雑誌や話題にもなるようなビジネスマンになるよ!』
Bくん『ほんとですか!だといいんですけどね!』

Cくん『Dくんって筋トレ頑張ってるよね!』
Dくん『最近ね~、でもまだまだだからさ~』
Cくん『本当!?僕からしたら憧れの体だよ!もう少しでボディービルに出れるよね!』
Dくん『ありがとう!嬉しいよ~!もっと頑張ろう!』

褒めるときは未来のビジョンを見据えて+を加えて褒めてあげましょう。
そうすると、不安や悩みが解消されますし、
相手側も頑張っていたことは間違いじゃなかった。声援に応えられるように頑張ろう。
とさらなる成長の促進剤になること間違いなしです。

そして未来のビジョンを見据えて褒めるなんて普通の人はしないです。
だから相手の印象にも残るし、感情にも響きます。

話すな、聞け

人から好かれる話の聞き方

人は誰でも話したがりな生き物なんです。
世界の主人公は自分で自分しか見えていない人がほとんどだからです。

パパ~聞いて聞いて~
って
小さい子供が言うように

潜在的に人は物事を誰かに話したい。と思っているものです。
ですが、大人になっていくに連れて、
どんどん行動が縮小してしまい
自分から話そうとしなくなるんです。

でも、潜在的には話したいんです。
だからその潜在意識を引っ張ってきてあげましょう。

相手にたくさん話してもらいましょう。
そうすると相手は気分がよくなるし
話をうなずいて聞いているだけで
いい印象を与えることもできるわけです。

営業のコツで一つ言えるのが
相手の話を聞くことなんですよね。
コミュニケーションって話すことが重要じゃなくて
聞くことが超重要です。(別記事で詳しくまとめます)

そして話を聞くことで
相手にたくさん話してもらうことで相手の悩みや要望ってのもたくさん聞き出せるんです。

どうなりたいとか、どういうことで悩んでいるとか
それにあったアプローチをすれば相手にも満足してもらえます。

たくさん話を聞きましょう。

共通点を多く見つけ出そう

初対面の人とすぐ打ち解けられる人の特徴として
積極的に自分からアプローチするのも大切ですが
相手と自分との共通点を多く見つけ出します。

共通点があると話は盛り上がりますし、
相手も共感してくれることが多いからです。

趣味が同じだったり、好きな映画が同じだったり
なんでもどんなに小さいことでも共通点を見つけられるか見つけられないかで
相手から見た時の話しやすさが大きく変わっていきます。

自分の方がテンション高く

話している相手が、自分よりテンション高くなることはそうそうないです。

ですので、会話の主導権を握っているのはいつも自分。ということを覚えておいてください。
相槌をうったり、ジェスチャーやアイコンタクトをしたり
驚いた表現を使うことで相手も話しやすくなります。

こうやって場の雰囲気を作ることにより
相手との会話もはずみ、『潜在意識』を呼び起こして
楽しかった。と思ってもらえることができるのです。

聞くときには感情で聞きましょう。
驚くこと、感動すること、感情を表情や言葉に乗せて相手に伝えましょう。
感情をうまく利用することで相手から好感を得やすくなります。

死んでも陰口は言うな

陰口は絶対にやめましょう。
本人に届かないと思ってても、届いてしまい相手を傷つけたり悲しませることが多くあります。

陰口を言うメリットは一つもないです。
そして
○○さんは陰口めっちゃ言ってくるんだよね。
と自分に対しての陰口を言われるようにもなり
マイナスの評価が蔓延してしまいます。

どうしてもその人が気に食わないのなら
本人に直接言った方がまだましです。

面と向かって言えないことなら
コソコソ噂を立てるのはやめましょう。

陰口の代わりにやるのが
陰で褒めること応援することです。

褒められたり、応援されたりして悲しくなったり
傷ついたりする人はいません。

相手のいいところを見つけて言ってあげましょう。

人は慣れて来たり、気に食わない人がいたりすると
相手の悪いところばかり気になってしまいます。

本当はもっといいところがたくさんあるのに
視野が狭くなってしまいます。

だから一歩引いて客観的に見て
物事を捉えることが大切です。

言いそうな陰口、客観的に見て
今日からやめましょう!

まとめ

人から好かれるための3つの行動をお伝えしました。
どれも簡単に実践できるものばかりで
なおかつ、効果が高いと感じているものを抜粋しました。

これ以外にも様々な方法がありますが
大切にしてほしいのは
『相手目線で物事を考える』
ことです。

自分がされて嬉しいことは相手もされたら嬉しいです。
積極的に行いましょう。

逆に自分がされて嫌だと感じることは相手も同じで嫌だと感じるでしょう。
だから陰口は絶対にNGです。
それ以外にも、相手の嫌がることはいけません。

人から好かれたい。という思いと
真逆の結果になってしまいます。

どんどんアウトプットすることが大事です。

最初は意識的に行っていって
無意識レベルで行えるまで体に叩き込む。
そうすれば緊張していても焦っていてても
自然体で好かれる行動がとれるようになります。

モテたい。
人から好かれたい。
という思いがある方には
メルマガでさらに学べる、好かれるための方法
を発信しています。

登録はこちら
https://www.ubuntu-kulturinitiative.com/motedo-mailmagazine/

モテ道

Posted by まろ