モテるまでの軌跡

2020年4月15日

こんにちは、まろです。

このページでは、
僕の自己紹介をしたいと思います。

現在の僕は

  • 22歳男
  • 彼女がいる
  • 自信がある
  • 筋トレ歴4年
  • 女友達が多い
  • 経験人数は2桁
  • 逆ナンされやすい
  • 合コンすればほぼ好かれる
  • プレゼンや自己PRが超得意
  • 週末の予定はデートで埋まる
  • 電話ひとつで飛んで会いに来てくれる女友達がいる

これは自分の体験でもありますし、客観的に見ても言えることです。

元々はシャイで、コミュ障で超人見知りの僕が、

こんなにも自分に自信を持てるようになり、異性にもモテるようになりました。

その経緯とかどうやったらモテるようになれるのかを発信しています。

このページでは自分の経緯や経験談などを交えて長く書いています。

じっくり読んで是非モテ男を目指してください!

今では結構自信を持てたり、異性からモテたり….

意外と自分でも満足のいく充実した人生を送れているんですが

そんな僕でも過去はめちゃめちゃ黒歴史だったんです。

僕の過去はこんな感じ

  • パッとしない地味なキャラ
  • 人見知り炸裂で親戚とも話せない
  • 人と目を合わせるのが苦手
  • 無愛想に思われる
  • 自分のキャラとか軸とかが確定していない
  • ふわふわした不思議ちゃん
  • 人前で話すのが誰よりも苦手
  • まともに異性と話したことがない
  • 他人の期待に全く応えられない
  • 自分に自信が持てなかった
  • 生きてる意味を見失いかけてた
  • ただただ漠然と過ぎていく日々を送っていた
  • 何度も人生をやり直したいと思った
  • 過去の失敗をめっちゃ引きずる…

過去の自分ってのをざっと書いてみたんですが

一言で【地味でモテないダサい男】
だったんですよね。今書いていて、こんなこともあったんだなって少し懐かしく感じます。

『自分に自信がめっちゃある!』っていう人はあんまり多くないですよね。
どちらかというと、『自分はネガティブだー』とか『コミュ障だー』って自分のことを下げてみている人の方が多いと思います。

生まれも育ちも田舎で
普通に学校も通っていたし部活もやっていた

どこにでもいる地味~なキャラクターだと思ってください。

クラスでは特に目立つような存在でもなく
ただただ存在だけはしていた

今思い返せば、『こんな人いたっけな~』って感じの人です。
誰かしら、一人はイメージできますよね
そんな感じの人いませんでしたか?

まぁそんな地味な人間でした僕は。笑

こんな地味~なキャラで幼少期を過ごしていくうちに
だんだん不安になってくるんですよね。

『僕の人生ってこんなもんなのか』とか
考えれば考えるほどネガティブな情報で頭が埋め尽くされて

勉強もできないし、モテないし、人ともまともに話せないし

特徴もないし、こんなんでいいのかな~

って頭を抱えるような日々を過ごしていました。

『モテるってなんだろうな』
『イケメンっていいな』
考えれば考えるほど自分の悪いところが浮かんで
モテてる他人をただただ憎んでいました。

将来結婚できんのか僕…

何度も思いましたが、
まぁまだ若いし何とかなるだろう精神があったので
こんな問題はまず放置でした。

だから学校帰りに一緒に帰ってるカップルとか
教室でイチャつくやつら
ガヤガヤしてる陽キャ達

『みんな死ねばいいのに』

あー人生やり直したい。

ずっとこんな感じで生きていました。

将来に希望が見えない。
ただただ人を憎む日々。
自分を否定しかできない。

そんな日々から一転

現在の僕は
自分でいうのも変なんですが
超モテる。逆ナンとかされる。
人前で話すのが得意。
コミュ力めちゃ高い。

正直自分で思っているわけじゃないです笑
そんなに自信過剰な性格でないのは伝わってるはずです。

これって、客観的に見た時なんですよね。
要は他人からこういう事ように褒めてもらえるんです。

めちゃめちゃ変わったと思いませんか?

僕自身めちゃめちゃ変わりました!

何があったのか!?
どうやって変わったのか!?

ってのをこの先から書きたいと思います。

生い立ち

生まれも育ちも東北の田舎です。
街はあるものの周りは山に囲まれて
川が流れていて

学校の校歌は自然を多く謡っています。

特にめだった名物とかグルメとか
あるわけでもない。

僕と似てて地味な町でした笑

そんな元のに生まれ育ち
幼いころから自然と戯れて
あまり人との関わりを持たずに生きていました。

『人とはあまり関わりたくない』

僕の根本にあった考えです。

親戚も多く、正月や盆など
集まる機会もまぁまぁ多かったです。

でも親戚ともまともに話すことができないくらい
人見知りだったし、シャイでした。

でも引きこもっていたわけじゃなくて
学校にも普通にいってたし、部活もやっていました。

自分の殻にこもった生き方というか
自分を抑えていたような生き方です。

小学校時代

小学校も、もちろん田舎で
全校生徒350人くらいの小さい学校です。

学校は嫌じゃなかったんですが
新学期が死ぬほど嫌でした。

そう、『年度初めの自己紹介』
があったからです。

何話せばいいんだろう。
失敗したくない。
どうしよう。

もやもやばかりで頭が埋め尽くされていた
苦い記憶が今でも残っています。

『え~~~、、、』
『あの~~、その~~…沈黙。』

まじで人前が無理!!!

人前というか目立つこととか
目線が集まること。

超絶苦手でプレッシャーでしかありませんでした。

学力は平均で、特に勉強ができたわけでもありません。

小学校4年生になるときに
自我が芽生えて、ちょっと大人になりました。
『このままじゃダメだな』って思いと

運動部ってかっこいい!って思いがあったので

野球を始めました。

チームはそこまで強くないんですが
一応野球部のエースとして
運動は頑張っていました。

そうすると少しは周りの反応って違ってきます。

『まろ!頑張ってんじゃん!』
『よくやってるね!』

今まで、自分に否定的だったんですが
野球をやり始めてから少しずつ肯定的になり
周囲から認められ褒めてもらえるようになり

嬉しかったし、運動やっていてよかったなって思います。

前々では縁もゆかりもなかった魔のバレンタインデー。

誰にでもチョコをあげる女子っていましたよね?笑
その人たちからも無事貰えるようになった5年生。

その人たち以外の子からも
チョコをもらって
『ちょーーうれしー!』って思ってた6年生。

ちょっとずつ、自分の殻を破って
人との関わりを持とう!
と変わっていくのを実感できました。

特に意識していたわけではないんですが
頑張ってる人を応援したい。
そういう気持ちがあったのかもしれないです。

僕も野球をひたむきに頑張っていたし
報われたのかなって思います。

小学校時代はこんな感じで
野球とか運動を始めて
殻を少しずつ破っていけた。

人との関わり、関係を持てるようになった。
ちょっとずつ明るくなっていきました。

中学校時代

小学校の頃は運動に救われたな~って
思っていたので中学でも
もちろん野球をやりました。

でもやっぱり新学期は苦手なのは変わりませんでした。

中学になり新しい人が増え
またクラスで自己紹介。

人の目線とか視線が恐怖にしか感じなかったです。

でもまぁ野球をやっていたこともあったので
運動部のイケイケキャラってのを作れたのかなという
気がします。

中学1年生の6月

人生初めての彼女が
できました!

いや、もうモテてんじゃん!って思いましたよね?

僕もその時はめちゃそう思いました。

しかも相手から告白されたんです。
小学校の頃から殻にこもって
自分を捨てて

モテること、異性との関わりも
隔ててきた僕が
運動のおけげで彼女ができました。

『よっしゃああああああ!!』
もう人生勝ったな!
これで陽キャの仲間入りだぜぇぇって

正直天狗になっていました。笑
そりゃ陰キャで地味な人間が
急に彼女できたなんて

しかも告られたなんて
天狗になっちゃいますよね。

でも。
やっぱり、人間だなって感じました。
どういうことかというと…。

結局付き合ってから2、3回しか遊ばず。
そのまま別れました。

有頂天だった僕は一気にまたどん底を見ます。

分かれた理由としては

『僕という人間は変われなかった』
ということです。

告白されて彼女ができたから
人格が変わるなんてことまずないですよね。

自分のシャイな性格
人付き合いが苦手な性格
目を見て相手と話せない性格

いろいろな自分のマイナスだった
性格が足を引っ張ることになり
それが原因で破局してしまったんです。

『せっかく、彼女できたのに。』

自分を変えれないことにひどく後悔。
そしてまた自分の殻にこもるような性格に
逆戻りです。

まぁ、また部活頑張ってれば
誰かしら好きになって告白してくれるだろ~
って考えがあったので

自分から特にアクションは起こさず
また部活に打ち込む日々に戻りました。

でも中学になり
自分の能力の限界に気づかされます。

周りに秀でた人が多すぎたんです。

『イケメンすぎだろ….。』
『運動神経良すぎだろ…。』

って

野球をやってれば
頑張ってれば誰かしら一人でも
振り向いてくれるかなって

思ってたんですが
埋もれてい行きました。

そりゃ運動神経よくてかっこよかったら
モテますよね。

このころからめちゃめちゃ人のことを
妬んだり、憎んだりするようになりました。

『なんであいつはモテてんのに
俺はモテねぇんだよおお。』

イケメンだからモテるのはわかります。

でも、僕が言えることじゃないんですけど

地味で特にかっこよくない人が
普通に彼女いるんですよ。

『は?????』
って感じです。

こっちは野球頑張ってんのに

なんであいつなんだよって

中学は初めて告白されて
有頂天になっていたんですが
逆戻りの時代でした。

その後は特に進展もなく
彼女もいないまま卒業します。

そういや卒業式も酷でした。

みんな彼氏彼女で写真撮ったり
手紙とか渡して
大号泣してるのを片目に

さっさとその場を後にました。

絶対高校ではモテてやる!って

高校時代

中学の時に野球を頑張っていたこともあり
高校には部活動で入学しました。

普通、部活推薦とかで学校に入ったら
モテますよね!?

マジで恋愛とか無縁でしたね。

高校とか
彼女作って遊びまくって

部活に打ち込んで

最高に楽しい日々がおくれるだろうな~
って妄想して。

結構楽しみでした。

野球部だったんですが、特に恋愛禁止!
とかではなかったので

これはモテる絶好の機会でした。

高校の野球部って
超陽キャで、クラスでもリーダー的存在で
みんなの注目を浴びて人気者になれる。

そんなイメージがありました。
もちろんたくさん告白されるんだろうなって
心躍らせながら入学式を迎えます。

実際は
そんなイメージとは真逆で
超部活が忙しかったです。

朝練して、学校行って
放課後20時まで練習。
その後自主練22時まで。

とかです。

創立10年くらいの新しい学校で
部活も強豪校とかではなかったんですが

こんなに部活がちなのか….。
と、戸惑いを隠せませんでしたが
部活で学校に入ったので

辞めるわけにもいかず。

辞めようと思えばやめられたんですが
やっぱり、退部とかしたら
他の人と築いてきた関りとかも

一瞬で打ち壊されて
周りから白い目で見られるんだろうなって
恐怖があったので

辞める選択肢は僕にはなかったです。

高校1年生の秋。

ある一人の女の子と
良い感じになっていました。

LINEでやり取りして
たまに電話したり

今までの僕には考えられないほど
自分が積極的になっていました。

『超彼女が欲しい』
『絶対モテたい』
って思いが強かったので

そして中学の頃は
自分からアプローチしたことが
全くありませんでした。

振られたら恥ずかしいものだ。
男からは告らないものだ。

そんな勝手なイメージがあったので
野球に打ち込んで
誰かに振り向いてもらえたらいいって

考えていた中学時代とは
一転して

自分から積極的に
アプローチをすればいい。

アプローチしたことがなかったので
実は自分から行ったらモテるんじゃないか

高校デビューというわけではないですが

一応、部活推薦で入学して
野球部でピッチャーをやっていた。

そんなバックがあったので
ぼんやりですが
少し自信が湧いてきました。

とうとう初めて
自分から告白しました。

シャイで、親戚とも話せないほど人見知りで
地味なキャラだったんですが

高校に入ると当然周りの人間は
彼女持ちなわけです。

彼女がいない方が
恥ずかしい。

そういう思いから
当たって砕けろの精神で
自分からアプローチすることができました。

答えは

YES

です。

『やったぜぇぇえ。』

思わず笑みがこぼれてしまいます。

告白はLINEとか
電話とかではなくて

相手に会って直接
告白しました。

超嬉しかった。


初めて告白した相手で


結構かわいくてタイプだったんです。

絶対幸せにしてあげしたい。

中学の頃みたいに
自分の殻にこもって
速攻別れたくないって
思いがありました。

その後の日々は超楽しかったです。

彼女がいるってだけでステータスになるし
学校が終わって部活が休みの日には
一緒に帰ったり

テスト休みで部活がないときは
一緒にイオンのゲーセンに行って
プリクラ取ったり

夜の公園に行って
こそこそとイチャイチャしたり

超楽しい日々で
あっという間に過ぎていきました。

初めて女の子の部屋に入ったり

初めて家に彼女を呼んだり
エッチしたり

初めての経験ばかりさせてもらいました。

めちゃめちゃ充実した
青春時代を送れていました。

この子となら一生一緒に入れるんじゃないかな
何度もそう本気で思ってました。

ですが、その彼女とは1年で別れてしまったんです。
原因は彼女の浮気でした。

超絶好きでした。
結婚したかったです。

僕がどんなに愛しても
どんなに優しくしても

離れてしまったんです。

このころから人間不信になっていきます。

どんなに相手を信じても
自分が頑張っても

簡単に裏切られちゃうんだなって
相手を信用できなくなってしまったんです。

でも性格は少しずつ変わっていったのは
伝わっているはずです。

殻にこもっていたんですが
周囲の影響もあり

積極性が身に付きました。

これは大きな進歩です。

『モテるって案外楽じゃないのかな』
なんとなーくそういう感じがしました。

結局は裏切られて
離れていくんだろうなって

だったら最初から彼女なんて
作らなければいいって思いと

彼女を作っても
そこまで思い入れしないことにしよう
って思いがありました。

彼女は欲しかったです。
部活が休みの日とかに
一緒に出掛けて
ゲーセンいってプリクラ撮って

やっぱり青春はしたいんですよね。

でも裏切られる。
またあの苦痛を味わいたくないな

超葛藤していました。

1年生の秋に付き合って
1年付き合って別れて

彼女がいないまま
3年生を迎えました。

またまたチャンスが転がり込んできました。

野球部の仲間と一緒にご飯を食べに行って
学生の馬鹿なノリ?

みたいな感じで

自分の全く知らない子の
LINEをゲットしました。

そこからまた新しく始まります。

普通だったら何も送らないですよね。
自分の知らない人だし

当然向こうも僕のことを
知っているわけでもないので
学校も違い面識もないです。

でも僕は0から攻略していったんです。

以前の僕からしたら
全く想像がつかない

行動力とか積極性で
見事に相手を落としました。

このころの僕は

『もう誰とでも付き合えるな』
状態でした。

というのも

1回も会ったこともない
面識もない子を

しっかりと攻略して
ゲットしたんです。

凄くないですか?

今なら誇らしげに語れますが
当時は焦ってました。

このまま彼女ができなかったら
どうしよう。

周りは彼女がいるのに
自分だけ彼女がいないのは恥ずかしい。
早く彼女を作りたいって。

でも以前裏切られた
代償はデカかったです。

人間不信が直らない。

本気で好きになっても
また裏切られるから
上っ面だけで付き合ってました。

相手にはすごい申し訳なかったんですが
まぁ、遊べるしいいかなって
思ってたので良しとしていました。

無事彼女も出来て
僕は安心しました。

彼女がいるってすごい心強いです。
安心できるし、誇れるし

自信に繋がります。

そして電話とかできると
疲れが一気に吹っ飛んで

またキツイ野球の練習も
頑張れました。

部活も最後の大会を迎えます。

彼女は応援にきて
スタンドから声援を送ってくれました。

『かっこよかったよ。』
『感動したよ。』

その試合は負けてしまって
かっこいい姿を見せられたか
分かりませんが

めちゃめちゃ
僕のことを好きになっててくれました。

面識もない0から始まった人を
こんなにも変えさせることが
僕にもできたんだって

自信に繋がりました。

最初は裏切られて辛い思いをしたくない
上っ面だけで付き合っていようと

思っていましたが
いつの間にか本気で惚れて
ぞっこんでした笑

彼女のケータイの写真を見ると
僕の写真でいっぱい。

感動したし
やっぱり恋愛っていいな。
人を変えさせるし、強くする。

このころから
恋愛の魅力ってのに気づかされて
モテたい!って軽く思っていたことが

相手を変えさせる、自分を変えることができる
力だなと感じて
本気で恋愛したいと強く思いました。

こんな感じで
僕の学生時代は終わりました。

小学校は殻にこもってたままで
中学校はただ頑張っても無駄だということを知って
高校では積極性と行動の必要性を学びました。

良い青春を送れていました。

モテてチヤホヤされていたわけではないんですが
恋愛の魅力ってやつに気づかされました。

恋愛は人を強くします。

そう強く学びました。

マイナスに働くこともありますが
プラスに働くことの方が多いし
自分を強くしてくれます。

そして何より
生活が充実するんです。

LINEする相手がいて
電話する相手がいて

一緒にデートする相手がいて

もう何もいらないくらい
幸せを味わえるんです。

一緒に見るもの食べるもの
全部が思い出で
相手の好きなものを
好きになる。

やっぱり恋愛っていいな。

青春っていいなぁって

感じです。笑

恋愛で性格が変わる

以前までの僕は

  • 親戚とも話せないくらいシャイ
  • 人前が苦手
  • 人見知り炸裂
  • 目を見て話せない

などなど
自分の殻にこもって
『人との関わりを避ける』生き方をしていました。

ですが、恋愛をすることによって
少しずつですが明るくなっていきました。

上記の学生時代の流れを見てもらえれば
伝わるかと思います。

地味なキャラだったんすが
彼女ができると陽キャまではいきませんが
『あいつ彼女できたらしいよ』
って噂されたり


彼女と最近どうなの~っていう
陽キャっぽい会話をすることが増えました。

恋愛をすると性格が変わるのは
かっこよく言うと
『守るものができた』
からかなと思います。

相手を本気で好きになって
幸せにしてあげたい。
自分も幸せになりたい。

っていう相手を想う気持ちってのが
自分の性格を変えてくれました。

この地味なキャラのままだと
彼女もがっかりするだろうなとか
彼女にふさわしい人間になりたいなって

必然的に思うと思うんですよね。

彼女がいると安心感もありますし
ステータスでもあります。

彼女がいるってだけで
周囲の反応も変わってきます。

作れるか作れないか

ではないんです。

実は

作るか作らないか

なんですよね。

僕も地味なキャラで
失敗したくない
恥をかきたくない。

そいういう思いで生きてきましたが
いざ、自分から告白すると
あっさりOK貰えるような

意外と恋愛はシンプルだったりします。

『彼女欲しいけど出来ねぇぇ』
って思っている方がいたら
それは考えすぎです。

恋愛はシンプルです。

落とせると思って告ったら振られました

一見うまく行ってるように
見えると思うんですが
実はまだ書いていない

悲しい出来事がたくさんあるんです。

僕も男です。
そして思春期の頃って
性欲も盛んだし
性格もとげとげしてますよね。

一回うまく行っちゃうと
すぐに調子に乗っちゃう。

何かしらそんな経験あると思います。

いろいろ恋愛を経験して
攻略方法とかも少しずつ分かってきて

もう、誰でも攻略できるし
付き合えるなって

俺、最強って自分に酔っていました。

でもまぁ、
思い通りにいかないのが人生です。

僕は調子に乗って
いろんな人に手を出してしまったんです。

そりゃ攻略方法が分かったら
どんどん攻略していきたくなりますよね。

思春期だったし
いろんな人とエッチしてぇなって
思ってたので笑

僕が狙ってた子は

結構かわいくてタイプで
人気者的存在の女の子でした。

たくさん経験をしてくると
慣れて、雑になっちゃうんですよね。

そして強引になったり

その経験とか慣れに
足元をすくわれちゃいます。

僕の中では
自分は陽キャ!っていう感じでもなく

地味なキャラのままなんですが

グイグイ行き過ぎると

向こうからは少し距離を置かれちゃうですよね。

『うわ、この人チャラ…。』
『あんまり関わらないようにしよ。』

1度そう思われてしまったら
それを挽回するのは難しいです。

恋愛はシンプルなんですけど
その駆け引きが難しいんですよね。

グイグイ行き過ぎると引かれる。
かといって
積極性をなくすと
遠のいていく。

シンプルなんですが難しいです。

僕はこの失敗から学びました。

攻略テクニック!とか
必ず落とす心理学!
とかはあんまり興味ないです。

そんなのは実際に必要ないし
シンプルだからです。

落とせると思っていたのに
振られるのは相当ショックです。

ショックなんですけど
こういうタイプもいるんだな。
自分の実力やこの性格が

合わない人もいるんだなって
めちゃめちゃ学びになるんです。

一見、失敗体験!
に思われるかもしれませんが

この失敗体験こそが
次の成功につながる鍵
なんですよね。

モテる努力が報われた

いろいろな方法を試行錯誤していくうちに
大体どうしたら落とせるのか
口説けるのか、遊んでくれるのか

ってのが分かってくるようになりました。

かといってそこらじゅうで
ナンパしまくったり
自分から絡みに行くようなことは
特にはしていなかったです。
(ナンパなんて勇気のいることは出来なかった笑)

ひたすら一人の女性と向き合って
真剣に分析し、攻略する
難しく言えばそんな感じのことをしてきました。

僕が21歳の頃に初めて
合コンに参加しました。

それまでは友達づてで
人を紹介してもらったり
あるいは自分の友達としか

絡んだことがなかったので
合コンとなると超ハードルが高い
って思っていました。

服装や髪形をびしっと決めて
いざ合コンとなると
すこしビビッてしまい
手に汗を握る緊張ぶりでした。笑

『おかしいな~、慣れてるはずなんだけどな~』
と思いつつ
やはり初対面って緊張するものです。

この緊張感の中で
自分の魅力をどう相手に伝えられるか?
どうしたら振り向いてもらえるのか?
っていう自分の力が出せるか、出せないかで大体決まります。

そして初めての合コンが開始。
早々に自己紹介をして
みんなと打ち解けます。

緊張するのは最初だけです。
そのピリピリとした緊張感の中で
どれだけ自己紹介で魅了出来るか、も
一つのポイントになるんですが
それは置いておいて。

無事2時間の合コンが終わって
2次会にも全員足を運んでくれました。

2次会にみんな来てくれるだけで
超嬉しかったんですが

2次会終了後も
女の子全員のLINEを見事ゲットしました!

自分でいうのもおかしいんですが
結構好印象だったようで

『今度ゆっくり話したい』
『もっとまろ君のこと知りたい』

というような連絡も貰えたんです。

超嬉しかった。

一人でぴょんぴょん飛び跳ねながら
帰宅したことは今でも覚えています。

『いや、そんなモテエピソード
聞きたくねぇよ!』

って気を悪くしないでください。

僕がここで伝えたいのは
今までやってきた分析とか攻略方法が

初対面の相手にもしっかりと使えて
効果を出せたんだってことです。

それが自信に繋がったし
初対面の人からでも
たった数分、数時間で好印象
魅了する方法ってのを導き出せたんです。

かっこいいことを言うと
『点と点が繋がって線になった』
みたいな感じです。

点がなければ線にもなりません。

だから僕は今までやってきたことが
報われたんだなとか
間違いじゃなかったんだなってことに
自信と誇りを持てました。

今現在
全くモテていない人でも
点を築いていけば線にもなります。
確実にモテます。

モテる状態が当たり前になった

合コンで初対面の人とのやり取りも
十分経験ができて
どう振舞ったらいいのかってのも
分かったことなので

さらなる進歩を遂げるべく
『マッチングアプリ』を開始しました。

僕の中では
マッチングアプリとか、出会い系には
物凄い偏見があったんですよね。

『そんないかがわしい物は使えない!』って

全く知らない人となんか何話していいか分からないし
そもそも本当に会えるのかもわからない…。

って以前までは思っていました。

でもここまで成長できた僕には
そんなの屁でもないです。

いろんな人と出会って
いろいろなタイプの人がいて
どうやったら攻略できるのかを
しっかりと導き出せた。

そしてそれを生かして
合コンでも無双できたので

じゃあマッチングアプリとかいう
超難関に挑んんで
どれだけ自分が戦っていけるのか

試してみようじゃないかあ!って

なんか恋愛を一種のゲームみたいに
捉えていました。笑

(恋愛を成就するためには
そのゲーム感覚が意外と必要だったりする。)

心弾ませながら
会員登録をしました。

するとまもなく
『ピロリン♪』
携帯の通知音がなり

早速やり取りする
ことができました。

普通だったら
ごまんといる男の中から
選ばれるわけがないです。

でも僕は
これまで培ってきた
自分の魅力を相手に伝えるための
プロフィール作りに力を入れていました。

攻略するために
必要不可欠。
なんなら1番重要といえるでしょう。

自分の顔作りです。

そこさえ相手に伝われば後は
こっちのものです。

そんな感じでやり取りをして
わずか1週間後に会えることになりました。

ここからはもう合コンの流れと一緒です。

初対面の人との関わり方
接し方を学んできた僕には
全く動じません。

普通にご飯行って
映画とかみて
その後夜景を見に連れて行って

初対面とは思えないほど打ち解けられて、最高のデートでした。

『超楽しかったよ!』
『ありがとう、また会えるかな?』

そう言ってもらえることが
何より嬉しかったです。

遊びとはいえもちろん本気です。
相手の気持ちをもて遊んでるということはないです。
その時は真剣に向き合うのが基本です。

その後も頻繫に連絡が来るようになって
いつでも会える状態を作り上げました。

そんな感じで1ヶ月に10人ほどの方と
深いかかわりを築くことができました。

もちろんそれ以上の方と連絡のやり取りはさせてもらったんですが
やっぱり出会い系とか、マッチングアプリってなると
変な人も存在するわけです笑

そういう人とは極力距離を置いて
自分からフェードアウトしていきます。

どういう人がまともで
どういう人が異常なのか。

経験を積んでくると
そういうところまでわかるようになってきます。

何人かの女性と
ホテルにいって営んだり
性病をもらったりしました笑

今ではいい経験であり教訓ですが笑

ホテル以外にも
相手の女性の家に上がらせてもらうことも
ありました。

普通だったらそんなこと
まずないと思います。

ですが、僕だったので
うまい具合に攻略して
相手の気持ちを動かすことができました。

まさに鬼に金棒状態です。

学んできたことがしっかりと生かせた。

そして、それ以上の成果を出せたことは
言うまでもないです。

相手が自分に関心を持ってくれて
興味を持ってくれたら

後は勝手に連絡が来ます。

こうやって今の状態を築き上げました。

電話一本で飛んで会いに来てくれる
女友達ができました。

最高の状態です。

もちろん、相手を思いやる気持ちは忘れていないです。
人間として秩序を乱さないように
人間性はしっかりと保ちながら

遊びに本気になっています。
そして没頭しています。

僕の恋愛観と成功のマインド

この章が最後になります。

ここまでの長文を閲読してくださった方
本当にありがとうございます。

僕の変貌具合が伝わったかと思います!

超地味で親戚とも話せないくらいの
コミュ障が

マッチングアプリで出会った
初対面の人からモテまくるまでの

流れを書かせてもらいました。

もちろん書き切れていない失敗談とか後悔
またまた、これは成功だったんじゃないかな!
って思える部分はまだまだたくさんあります。

この後のコンテンツで深々と書いていこうと思います。

この章では僕の恋愛観と成功のマインドについて
触れておこうかなと思います。

モテれば幸せになれる

あなたにとっての幸せって何でしょうか?
お金をたくさん稼いで豪遊すること?
それとも
好きな仲間たちの旅をすること?

人によって幸せっていろいろ異なると思いますが

誰にでも共通して言えるのは
モテることで超超幸せになれますよ!ってことです。

僕が体験したので言えます。
自分で自分のことモテてる!って思ったことは
そんなにないんですよね。

でも客観的にみたら、他の人よりも
少し異性との関わりが多いなとは思っています。

幸せを追求するのはとても難があります。

1夜にして大金、莫大な資産を築くことは難しいです。
1夜にして超信頼できる仲間を集めることも難しいです。
1夜にして超学力を上げることもまた難しいです。

でも

1夜にしてモテることは出来るんです!

いろんな幸せがあると思うんですが
モテることって最短で幸せになる一つの方法だと思います。

自分を好いてくれる人がいるだけで
人は強くなれますし、安心できます。
落ち着けます。

モテることがいけないこととは思ってもいません。
そしてモテること、恋愛をすることは非常に
大切な経験ですし、将来の自分に影響することとも
言えます。

難しく言うと、子孫を残すとか
遺伝子を~とか、生命活動とか笑

モテたいって誰にでもある本能です。

よく
『俺は女に興味ねーし』
『恋愛は捨てた』

何回か聞いたことあります。
身近な人にもいました。

あれ、それ僕です。笑

親からも
『あんたそんなことしてたらモテないよ!』
って小学校の頃耳にタコができるほど聞かされましたが

結局は今まで
モテることから逃げてきました。
単純に羨ましかったし、
モテてる人って雲の上の存在でした。
住んでる次元が違うような。

話を戻すと

人間の本能的欲求があるのに
今現在モテてていないからって
逃げるな!諦めるな!ということです。

誰でもモテていいし
モテる可能性って十分にあります。

かっこいいとかかわいいとか
不細工とかデブとか

そんな小さい話をしてるんじゃないです。
人間的に成長することで
誰でもモテれるんです。

あとは知識

この自己紹介でも
何度も『攻略』という言葉を
使ってきましたが
まさしくそれです。

要は知識です。
どうしたらモテるかっていう知識が必要。

だからその知識を手に入れましょう。

あなたが変われば世界は変わる

ん?何言ってんだこいつ笑

ってそんなこと言わないでください。

僕の信念というか人生観というか
難しいことは置いておいて

僕の人生を一言でいうと
自分が変われば世界が変わる
ということです。

普通の人が『は??????』
と思う理由は

自分が世界を変えることなんてできないからです。
わかりますか?

僕が変わったところで世界は変わらないです。

そちゃもちろんそうです。

僕が言いたいのは


自分が変われば


自分が自分の殻を破って
変化すれば

見える世界はまた違ってくる

世界の見方が大きく変わる

自分の思考、行動で

世界が変わる 

という言ことです。

僕がそうでした。

昔は

親戚とも話せないくらいシャイで
コミュ障で超人見知りなのに

今では

合コンで無双したり
出会い系で女友達作りまくったり
電話1本で飛んで会いに来てくれる人がいるくらい

モテたんです。

人間そのものは変わってないです。
心も入れ替わってないです。

ただちょっと勇気を出して行動したり
出来ないことをやってみたりすることで

今の状態を築き上げました。

別に高級車に乗り回して
タワーマンションに住んで
月一海外旅行なんて
そんな金持ちでもなんでもないし

ましてや普通のサラリーマンです。

顔だってふつーだし
運動神経も悪いし
カラオケで90点出したことないくらい
歌も下手だけど

今、超幸せなんです。

なんか怪しいビジネスをやれとか
お金を稼げとか

そいうことを行ってるんじゃなくて

モテたら幸せになれますよ。ってことを
伝えたかったです。

モテる過程を味わうこととか
自分の成長を感じることとか
実は超幸せなんです。

多くの人は行動することを嫌がります。
かつての僕みたいに。

失敗=悪=恥

みたいな考えじゃないですか?

僕はその腐ったマインドをすてて
行動してきただけで超幸せになれました。

必要だったのは
大量のお金でもなく
優れた容姿でもなく
優しさや包容力でもなく

無料の勇気です。

あなたが変われば世界は変わります。

勇気をもって行動すれば
自分の知見が広がり
世界レベルで楽しめるようになります。

誰か1人にでも
伝わったら、僕がこれを書いた意味あるなと
思います。

モテ道公式メルマガ配信しています!

完全無料でモテ方の
ノウハウをお伝えしています!

ハンドルネーム

お名前(姓)

お名前(名)

メールアドレス

登録すると、規約に同意するものとします

Posted by まろ